若い人にも多い腰痛・ぎっくり腰の原因と改善方法のヒント

Health Guide

男性

若くてもギックリ腰になる!?

年齢が若くても、無理をすると腰痛を患う可能性があります。なかには20代前半でギックリ腰という症状を引き起こしてしまう人もいて、日々の習慣が原因となり腰を痛めてしまうようです。こうした痛みは軽い症状から重い症状まであり、悪化する前に改善方法を見つけることが大切です。ここでは、腰の痛みが起こる原因や対処のヒントを見てみましょう。

ギックリ腰のQ&A

なぜ突然ギックリ腰になるのですか?

ギックリ腰は年を取るとなりやすいといわれています。しかし、若い男性でもギックリ腰になる人がいるのです。ギックリ腰になる理由には、生活習慣や姿勢の悪さがあります。姿勢の悪い人は、世の中には結構多いものです。その姿勢の悪さを改善しなければ、ギックリ腰を起こす可能性は高いままでしょう。また、姿勢以外にも、長時間座りっぱなしの作業をしている人や、肥満体型の人もギックリ腰になりやすいです。

ギックリ腰になった時はどうしたらいいですか?

腰痛を改善するためには、原因を見つけることから始まります。詰まる話、すべての腰痛に万能的な効果を発揮するストレッチ方法といのはあるわけではありません。まず、今からストレッチを使用と考えているのであれば、腰痛の原因を探ることから始めましょう。腰の痛みが長く続くのであれば、きっと何か理由があるはずです。その理由を突き止めるためには、病院へ行き検査してもらうことや医師に相談することが大切となります。

身近な腰痛

腰痛が起きるメカニズム

腰

年を重ねると、体のあちこちが痛くなってきます。年を取ると、特に痛めやすくなるのが腰だといえるでしょう。実際、高齢者の人が、突然ぎっくり腰になるという話もよくある話です。しかし、力作業をしていた際に、腰に負担をかけすぎて腰痛を患う人も少なくありません。腰は意外と壊しやすい部位です。ですから、ギックリ腰をはじめ慢性的な腰の痛みは年齢に関係なく発症する可能性があるのです。
腰を痛める原因には、力仕事や年齢以外にもあります。例えば、足を痛めている人が、足の痛みをかばいながら歩くようなことがあれば、必ず体の何処かに負担をかけてしまいます。その負担を一番受けやすいのが体の中心部で全体を支えている「腰」であり、腰痛となってサインを出すわけです。この腰痛は軽度の痛みであれば、ストレッチや痛みを緩和してくれるグッズを使うことで解消されます。しかし、痛みを放置すると慢性化してしまう可能性があるため、病院での診察と治療が必要になるケースにつながります。

腰痛改善のアプローチ法を知ろう

自分でできる腰痛の改善方法をためそう

ツボは体の至る部分に存在しています。このツボを刺激するだけでも、腰の痛みに効くのでおすすめでしょう。ツボは手や足などたくさんあり、適度な指圧によって腰痛の原因にアプローチできます。また、ストレッチをすることにより、慢性的な腰痛を和らげる効果があります。これは体の歪みや滞留している血液を促す効果があるからなので、毎日継続するのがおすすめです。

READ MORE

整形外科での腰痛治療を受けよう

重度の腰痛である場合は、自分でできる改善方法では痛みがひかない可能性もあります。このような時は整形外科で行なわれている専門治療を受けたり鍼灸院で行なれているマッサージ療法を受けたりして、専門治療を受けるのが適切でしょう。早めに受けることにより早期回復が見込めるため、腰痛の原因や痛みレベルをいち早く特定することが大切です。

READ MORE